知ってる?ホームページはこうやってできている

HTML言語を分かりやすく解説

私達が普段から見慣れているホームページは、HTML言語と呼ばれるプログラム言語によって表示されています。プログラム言語とは、難しい様な姿をしていますが、HTML言語はとても分かりやすい言語の一つです。プログラムの意味が、言葉から理解しやすい言語によって成り立っているためです。言語一つ一つは、タグと呼ばれる場合もあります。

例えば、画像を設置する言葉は、imgタグと呼ばれています。imgタグ内に、画像の設置をしているアドレスを指定すれば、その画像を表示させる事が出来るのです。もちろん、タイトルを付けるためのタグや、文章を太らせるタグなど様々なプログラム言語があります。実は、ホームページは、パソコンに付属しているメモ帳を扱って作り出す事も出来ます。保存する場合において、拡張子をhtmlに変えて保存するだけでHTMLファイルを作り上げる事も出来ます。メモ帳からでもタグの内容を直ぐに確認する事も出来るのです。

CSSを分かりやすく解説

ホームページのページ数を大量に作り上げる場合、一つ一つのページに対して作り上げていたのでは無駄な時間がかかります。決まった場所に同じ内容を表示させる場合、力を発揮するのがCSSと呼ばれるファイルです。HTMLファイル側の共通事項になる場所に、目印を設けます。CSSファイルは、その印に対して画像を指定したり、文章のデザインを指定する事が出来るのです。

例えば、複数のページの同じ場所の画像を入れ替える場合、CSSファイルで指定している画像を変えれば、全ての同じ目印のある場所の画像を入れ替える事も出来るのです。

現在のCSSは、装飾に力が入っています。そのため、単独のページにおける特徴のある文字で表現される中には、CSSで表現される場合もあります。HTML言語とCSSは、バージョンがアップされる事もあります。そのため、最新のバージョンで出来る内容を押さえておくのも大切です。

hp作成ソフトの場合、比較的簡単な操作で見栄えの良いホームページに仕上げられるため、初心者でも安心して使用できます。